お城用語をわかりやすく解説

お城用語をわかりやすく解説 橋(はし)編

今回はお城の「橋」について解説していきます。

お城には堀があるので、そこを渡るためには「橋」が必要不可欠になってきます。

当然、敵も橋がある場所を攻めてくるので攻められにくい橋にする必要があります。

ではお城の「橋」にはどんな種類があって、どういう工夫がされているのか見ていきましょう!

この記事では下記↓について解説しています
  • お城の橋は2種類 土橋と木橋
  • いろいろな木橋の種類

お城の橋は2種類 土橋と木橋

まずお城には大きく分けて2種類の橋がありました。
「土橋(どばし)」「木橋(きばし)」です。

文字通り、土橋は土でつくられた橋、木橋は木でつくられた橋です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

土橋とは??

「土橋」とは堀を仕切るように土塁や石垣でつくられた橋です。

諏訪原城(静岡県)の土橋諏訪原城(静岡県)の土橋

お城につくられた橋のほとんどは土橋となっています。

橋といっても木橋のようにかける橋ではなくて、土手のイメージです。

土橋は土塁や石垣でつくられているので容易に破壊することができません。なのでお城の重要な出入り口には土橋が使われていました。また天守や御殿などを建てるさいに大人数で重量物を運ばなくてはいけないときなどは、木橋ではなく頑丈な土橋が必要でした。

お城を守る側として、土橋は弱点にもなりかねません。土橋ははね橋のように敵が攻めてきたときに橋を外してしまうことができません。
なので、土橋は幅をせまくつくり一度に大人数が渡れないようにし、土橋のうえでは身を守ることができないように周囲から丸見えの状態にしていました。

木橋ははね橋にしたり壊したりすることで敵に攻められにくい特徴があります。
ではお城の橋をすべて木橋にしたらどうでしょうか?

お城の橋をすべて木橋にしてしまうと、不都合がありました。
敵に橋を焼かれたりしてすべての橋を壊されてしまうと、城内に閉じ込められてしまいます。
また、城内から反撃するため外へ出ようという時には、いちいちはね橋の上げ下げをしていては反撃のタイミングを失ってしまうかもしれません。

なので、お城の橋では基本は土橋をつかい、補助的に木橋をつかっていました。

土橋の特徴
  • お城のほとんどは土橋であった
  • お城の重要な出入り口は土橋が使われていた
  • 重さがあるものは土橋で運ぶ
  • 土橋は壊すことができないので、敵の攻める標的になりやすい
  • 土橋は幅がせまく、一度に大人数で渡れない
  • 土橋の上では身を守ることができないよう、周囲から丸見えの状態
大阪城 大手門の土橋大阪城 大手門の土橋

木橋とは??

「木橋」とはそのまま木材でつくられた橋です。

現在、お城跡には土橋は残されていますが、木橋が現存している例はありません。木橋は土橋とは違い定期的に掛け替え工事が必要でした。
しかし、発掘調査などで木橋の橋脚跡が発見され、それを元に復元されることもあります。

木橋は土橋とは違い、容易に壊すことができます。なので、敵に攻められたときには橋の板をはずしてしまったり、橋そのものを壊してしまい渡れなくしていました。

木橋の特徴
  • 定期的に掛け替え工事が必要
  • 現存している例はない
  • 敵に攻められたときは、板をはずしたり、橋そのものを壊して渡れなくしていた
彦根城の木橋彦根城(滋賀県)の木橋

木橋のいろいろな種類

曳橋(ひきばし)

曳橋とは橋を城内に引き込むことで敵に攻められないようにした橋のことです。

昔の資料には橋に車輪をつけて引き込めるようにした仕掛けが書かれていました。しかし、仕掛けはなくても橋の板を外すだけ(橋を骨組みだけにしてしまう)で渡れなくなるので特に仕掛けに凝る必要はありません。

桔橋(はねばし)

桔橋は敵に攻められたときには橋の一部をはね上げることで橋を壊すことなく敵の侵入を阻むことができました。

江戸城(東京都)には北桔橋門があり、ここに桔橋が使われていました。

江戸城の北桔橋門江戸城の北桔橋門

廊下橋(ろうかばし)

廊下橋とは屋根や壁でおおった橋です。

廊下橋は格式の高い橋とされ、この橋を使うことができたのは大名や城主など一部の人だけでした。

福井城の廊下橋福井城の廊下橋

参考資料