お城用語をわかりやすく解説

お城用語をわかりやすく解説 出丸(でまる)編

お城用語をわかりやすく解説 出丸(でまる)編

今回は「出丸(でまる)」について解説していきます。

出丸とはその字の通り、お城(本丸や二の丸・三の丸など)から飛び出た位置に作られた曲輪(くるわ)のことです。

出丸の機能には主に3つあります。

  1. 見張り場としての機能
  2. 敵の奇襲を防ぐ機能
  3. 敵を攻撃するための機能

出丸にはこれら3つの機能のどれか1つもしくは複数を持たせることで、お城の防御力を強化していました。

大河ドラマにもなった「真田丸」も出丸の1種類です。

では、出丸の具体的な機能と、「真田丸」はどうやって戦っていたのかをみていきましょう。

出丸について解説していきます
  • 出丸って何?どんな役割があったの?
  • 真田丸はどうやって戦っていたの??

出丸の機能って何? どんな役割があったの?

さきほども書いたように、出丸はお城(本丸や二の丸・三の丸など)から飛び出た位置に作られた曲輪です。

出丸はほかの曲輪とは違い、お城から飛び出た位置に作ることでその機能を発揮し、役割を全うすることができました。

津和野城の出丸津和野城(島根県)の出丸 ほかの曲輪から離れた位置に出丸が築かれている

もう一度、出丸の機能をおさらいしておきましょう。

出丸の機能
  1. 見張り場としての機能
  2. 敵の奇襲を防ぐ機能
  3. 敵を攻撃するための機能

ではどうして出丸はほかの曲輪から離れた位置でないといけなかったのかを、それぞれの機能ごとに見ていきましょう。

出丸の機能① 見張り場としての機能

出丸の機能としてまず「見張り場」としての機能があります。

見張り場なので出丸が離れた位置に築かれるのも感覚的にわかりやすいですね。

戦国時代には多くの山城が築かれました。山城は山そのものが持っている高低差を利用して、少ない労力・工事でそれなりの防御力を持ったお城が築くことができました。

小谷城小谷城(滋賀県)

山城は山にお城をつくることで防御力を得ていましたが、逆に山そのものが弱点にもなりました。

それはどういうことか、山の上に築いた本丸などから「山の裾野や尾根が邪魔になって、麓を見渡すことができない」ことでした。

この時に出丸の出番です。
例えば小谷城(滋賀県)。うえの画像を見てもらうとわかるように、本丸から伸びている尾根の先端に出丸が築かれていました。もし敵の軍隊が小谷城の麓まで攻めてきたときは、本丸からでは見渡すことができないので、出丸が見張り場として機能し、麓を監視する役割を持っていました。

小谷城・本丸からの眺めイメージ小谷城・本丸からの眺めイメージ

小谷城のように山城では山そのものが邪魔になって見えない部分(死角)ができてしまうので、死角を補うために出丸が築かれていました。

出丸の機能② 敵の奇襲を防ぐ機能

つづいて、出丸の機能には「敵の奇襲を防ぐ機能」があります。
さきほど見たように出丸には見張り場としての機能もあるので、奇襲を防ぐことができるとも言えます。

出丸の機能②敵の奇襲を防ぐ機能出丸の機能②敵の奇襲を防ぐ機能 岩村城(岐阜県)

ここで100名城でもある岩村城を例にしてみましょう。

上の画像では左下方向がお城の正面で、右上にある本丸が最奥になります。
ふつうお城を築く時、敵が攻めてくるだろう方向を予想してその方向をお城の正面にします。岩村城の場合、上の画像で敵は左下から攻めてくると予想し、本丸を一番奥になる右上に築きました。そして本丸の背後は山が連なっています。

敵も一番攻めやすいところが最も厳重に防御されていることは知っています。なので城兵が思いもよらない所から攻めたいと考えるかもしれません。

城兵側も正面だけに集中せず背後を攻められないように、本丸の後ろに出丸を築いて備えていました。
そして、仮に出丸側から攻められたとしても、まず出丸が敵の攻撃を受けるので本丸は準備するだけの時間を稼ぐことができます。

  • 本丸などの背後に出丸を築くことで、背後からの攻撃に備えている。
  • たとえ背後から攻撃を受けたとしても出丸で時間を稼ぎ、本丸が混乱せず準備することができる。

出丸の機能③ 敵を攻撃するための機能

出丸の最後の機能に「敵を攻撃するための機能」があります。

「敵を攻撃するため」とかんたんに書きましたが、「二の丸や三の丸と連携して」と言っていいかもしれません。

ここでは津和野城(島根県)を例にして機能を見てみましょう。

出丸の機能③敵を攻撃する機能出丸の機能③ 敵を攻撃する機能 津和野城(島根県)

敵兵がお城を攻める時、途中で分かれ道があり一方は二の丸・本丸へと続く道、もう一方は出丸へと続く道です。
兵士として手柄を立てようとするなら、本丸から離れた場所にある小さな出丸を攻めるより、早く本丸へ攻め入りたいと考える。

しかしそれが城兵側の狙いです。
敵兵が出丸を無視して本丸を目指し、まずは三の丸へ攻撃を始めます。敵兵はお城への一番乗りを競い合っているので前しか見てません。そこへ出丸から出撃した部隊が背後を襲います。そして三の丸と挟み撃ちにすることができます。

「出丸と三の丸で敵を挟み撃ちにする」これが城兵側の狙いでした。

では、逆に先に出丸を攻撃したらどうでしょうか??

出丸の機能③敵を攻撃する機能出丸の機能③ 敵を攻撃する機能 津和野城(島根県)

出丸を先に攻撃したとしても、こんどは三の丸から出撃した部隊によって、出丸との間で挟み撃ちにされてしまいます。

出丸はお城(三の丸など)と連携し合うことで敵兵を挟み撃ちにすることで、お城の防御力を高めていました。
敵兵からすると、やっかいな位置に出丸があるだけでお城が攻めにくくなり、出丸を無視してお城を攻撃することはできないし、出丸を攻略したとしても得られるのは出丸という小さな曲輪だけです。

お城(二の丸や三の丸)から離れた(適切な)位置に出丸を築くことで、お城はずっと攻めにくくなります。

真田丸はどうやって戦っていたの??

真田丸とは??

まずは真田丸についてかんたんに。

1614年に起きた大坂冬の陣。大坂城にいた豊臣秀吉の子・秀頼はこの時すでに江戸幕府を開いていた徳川家康と2代将軍秀忠との関係が悪化。いよいよ戦争だという状況に追い込まれていました。

このとき秀頼は九度山(和歌山県)にいた真田信繁(幸村)に味方するよう助けを求め、信繁はこの求めに応えました。

そして、真田信繁が大坂城へと攻め寄せてくる徳川軍への対策として築いたのが真田丸です。

真田丸大坂城の弱点とされていたお城の南側に築かれ、三の丸よりさらに外側に築かれていた総構えから飛び出た形でした。

 

大坂城の縄張大坂城の縄張 真田丸は大坂城の南東方面に築かれていた

大坂城は北・東・西は川に囲まれていましたが、南側はゆるい斜面(大坂城より南に下っている)になっていて防御力が弱い部分でした。

豊臣秀頼や真田信繁は徳川軍は南側を中心に攻めてくると予想し、南側の防御力を補うために真田丸を築いた、というわけです。

真田丸は大坂冬の陣にさいして、急ごしらえで作った出丸なので大阪城本丸などのように石垣や立派なやぐらを築く時間はありませんでした。なので、土塁と空堀、そして簡単な柵や塀で築かれていたと言います。

真田丸のカタチ真田丸のカタチ

真田丸はどうやって戦っていた??

では実際に真田丸はどうやって戦っていたのでしょうか?

このとき関ヶ原の戦いから14年が経っていて、実際の合戦を知っているものは少なくなっていました。このころのお城は石垣で築かれているので、土塁づくりの真田丸を見てバカにしていた者もいたかもしれません。

真田信繁は徳川軍が戦闘経験の浅い若い兵が多いことに目をつけ、挑発することで真田丸を攻めさせました。

まんまと信繁の挑発にのった徳川軍は真田丸へ攻撃を開始します。

信繁は徳川軍を十分に引き付けた上で、鉄砲による一斉射撃で応戦しました。

空堀と土塁、柵で守られていた真田丸は手強く、徳川軍は堀や土塁を越えることができませんでした。
堀を越えることができないまま、鉄砲の攻撃にさらされ続け徳川軍の被害は大きくなる一方でした。

徳川家康から撤退の命令が届いたときにはすでに大きな被害が出ていた上に、撤退しようにも鉄砲の攻撃の中ではなかなか素早く撤退できず、さらに被害が大きくなっていきました。

その後の大坂冬の陣では、徳川軍は真田丸を攻めることができずにいました。徳川家康は力攻めでは落とせないと判断し、大砲による遠方からの攻撃に切り替えてようやく停戦に持ち込むことができました。

真田丸で起きた攻防戦による戦死者は大坂冬の陣全体の戦死者の80%になるとも言われています。

徳川軍はなぜ大坂城へ攻め入ることができなかったのか!?

前項で真田丸の攻防戦を見ていきました。

ではなぜ徳川軍はそのあと、大坂城へ攻め入ることができなかったのでしょうか?
真田丸は手強いことはわかりましたが、そのほかの場所からでも攻めることはできなかったのでしょうか?

真田丸の戦術①真田丸の戦術①

さきほど「出丸の機能③」で書いたように出丸には二の丸や三の丸と連携して敵を挟み撃ちにして攻撃する機能がありました。

真田丸でも同様に、真田丸と総構えとで連携することで防御力を強化していました。そして真田丸は単体でも敵兵を撃退できる防御力を持っていました。

なので徳川軍は真田丸での攻防戦の後は大坂城を本格的に攻めることができなかったのです。

真田丸の戦術②真田丸の戦術②

参考資料